wine環境を整える

Linuxデスクトップをメインに使っているとたまにWindowsアプリケーションが必要になることがあります。たとえばLireOfficeはシステムがOS全体が固まることがあるのでMS Officeを使いたいなどの場合です。VBにインストールしてあるWindows 7を使ってもよいのですが、極力お手軽に済ませたい場合はwineを使う方法があります。完全互換とは行かないまでも通常使うアプリケーションについては実用に耐えられます。そこでwine環境を整えてみました。まずはwinetricksをインストールします。ubuntuのリポジトリにもありますが最新版を使用します。

今回使用したwineのバージョン

wine --version
wine-3.0 (Ubuntu 3.0-1ubuntu1)

winetricksをインストールします。

wget https://raw.githubusercontent.com/Winetricks/winetricks/master/src/winetricks
chmod +x winetricks
sudo mv winetricks /usr/local/bin

多言語フォントと.NET Frameworkをインストールします。

env WINEPREFIX=$HOME/winedotnet40 wineboot --init
env WINEPREFIX=$HOME/winedotnet40 winetricks dotnet40 corefonts allfonts

印刷環境を整えます。wineで印刷するには32bitのcupsライブラリが必要です。

sudo apt-get install libcups2:i386 printer-driver-cups-pdf

DirectX9.0cをインストールします。

winetricks d3dx9
winetricks dxdiag

Google EarthやvlcのようなアプリケーションでDirectXをテストしてみます。

以上で環境設定は終わりです。この環境で動くアプリケーションリスト

  • MS Office 2007
  • iTumes64(v10.7)
  • WinRAR5.5(64bit)
  • MP3tag
  • Subtitle edit
  • Google Earth pro
  • vlc
  • ie8

iTunesのスクリーンショット

IE8のインストール(不安定です)

IE8は32bitアプリケーションなので環境設定が必要です。

1. インストール

WINEPREFIX=~/.wine32 WINEARCH=win32 winetricks ie8

2. 実行

WINEPREFIX=~/.wine32 wine $HOME/.wine32/drive_c/Program\ Files/Internet\ Explorer/iexplore.exe

MS Office 2007

これは設定が少し込み入っています。オフィス用の環境を作ります。

WINEARCH=win32 WINEPREFIX=$HOME/msoffice wineboot --init

Wineの設定をXPに設定しインストールします

WINEARCH=win32 WINEPREFIX=$HOME/msoffice winecfg
WINEARCH=win32 WINEPREFIX=$HOME/msoffice wine setup.exe
WINEARCH=win32 WINEPREFIX=$HOME/msoffice wine {sp1..sp3}.exe /passive

MS Officeがインストールできたらwinecfgの設定をします。この設定でPowerPointとOutlookの設定が出来るようになります。

WINEPREFIX=$HOME/msoffice winecfg

“New override for library” にriched20.dllをタイプします。

Editボタン押してNative (Windows)を選択します。

macOSの場合、apple scriptでApplicationスクリプトを作ります。MS Excelの例です。(テンプレートとしても使えます)

on run
  
  --edit this to be the correct location and file to run (typically only edit after the "drive_c")
  set toRun to "$WINEPREFIX/drive_c/Program Files/Microsoft Office/Office12/EXCEL.EXE"
  
  --edit winePrefix if you are not using the default prefix
  set winePrefix to "$HOME/msoffice"
  
  --edit wineLocation if your wine install is not the default location
  set wineLocation to "/usr/local/bin"
  
  --edit dyldFallbackLibraryPath to your X11 lib folder, this one is set for XQuartz on 10.6+
  set dyldFallbackLibraryPath to "/opt/X11/lib"
  -------------------------------------------------------
  --DO NOT EDIT ANYTHING BELOW THIS LINE
  -------------------------------------------------------
  set toRunPath to do shell script "WINEPREFIX=\"" & winePrefix & "\"; TEMPVAR=\"" & toRun & "\"; echo \"${TEMPVAR%/*}\""
  set toRunFile to do shell script "WINEPREFIX=\"" & winePrefix & "\"; TEMPVAR=\"" & toRun & "\"; TEMPVAR2=\"" & toRunPath & "\"; echo \"${TEMPVAR#$TEMPVAR2/}\""
  do shell script "PATH=\"" & wineLocation & ":$PATH\"; export WINCEARCH=win32; export WINEPREFIX=\"" & winePrefix & "\"; export DYLD_FALLBACK_LIBRARY_PATH=\"" & dyldFallbackLibraryPath & "\"; cd \"" & toRunPath & "\"; wine \"" & toRunFile & "\" > /dev/null 2>&1 &"
  
end run

Word、Excel, Power Pointを登録して起動した例

OutlookでHotmailの設定

Configure Outlook with Outlook.com (Hotmail), Gmail, Office 365, Yahoo, or iCloud