Category Archives: Windows

Windows PCでmac OS、Windows、Linuxをトリプルブート (High Sierra編)

High Sieeraの通知が来たのでアップグレードすることにしました。機種は前回と同じ、Thinkcentre M73とThinkpad X220です。 注意:macOSは動作する機種が限られるのでインストールする前に機種のスペックをチェックして下さい。またBIOSもOSX86のサイトで見でmacOS用に最適化してください。 Thinkcentre M73のアップグレード 直接アップグレードする方法で試してみました。方法はサイトにあるとおりです。 Update Directly to macOS High Sierra 私の機種はSSDでなくHDDなのでAlternative Guideの方法を使います。ところがインストール途中で止まってリブートしてしまうので先に進めません。High Sierra用のUniBeastはまだないのでUSBドライブを使った方法にしてみました。 How to Create a macOS High Sierra Public Beta Installation USB まず8GB以上のUSBドライブを挿してmacOSでバニラのインストールディスクを作ります。 $ sudo /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia –volume /Volumes/USB –applicationpath /Applications/Install\ macOS\ … Continue reading

Posted in Linux, macOS, Windows | Comments Off on Windows PCでmac OS、Windows、Linuxをトリプルブート (High Sierra編)

WindowsPCでOS X、Windows、Linuxをトリプルブート(Hybrid MBR編)

前回、比較的新しい手持ちのPCをトリプルブートできるようにしたしたのですが、Core2Duoのようなひと昔前のPCをデュアルブート、トリプルブートするのはかなり困難です。しかし不可能というわけでもありません。 通常、BIOSでMBRモードもしくは混在モードにしている場合、OSXではGPTディスクとしてインストールするのですが、次のWindowsのときMBRディスクとみなすのでインストールできないというジレンマがあります。ところがHybrid MBRというMBRとUEFIが混在できる魔法のような方法があります。しかしながら、いろいろ調べると現実的にはその魔法には深刻な副作用が伴います。複雑なパーティションのためデータの損失の恐れがあります。インストールするのはサブのサブ機なので、たとえシステムが破壊される覚悟でインストールしてみました。 1.ディスクをHybrid MBRにする まずLinuxをLiveUSBで立ち上げ、Gpartedでパーティション割りを行います。 OSXはすでにあるので、そのあと、WIndowsのNTFSパーティション、Linuxのbootパーティション、LVMパーティションを作成しました。 Hybrid MBRにするにはgdiskコマンドを実行します。 # gdisk /dev/sda Snow Leopardをインストールした時点でMBRがprotectiveとなっているので、これを画面のようにHybridに変更します。 例) gdisk /dev/sda r-p-h-5 4 3…-o-w LinuxのgptsyncコマンドはGPTディスクとMBRディスクのパーティションをすり合わせる重要なコマンドです。 ところがGPTの一部のパーティションを認識しないことによって動かないケースがあります。 私場合はLVMのパーティションは問題なかったのですがLinuxパーティション(83)が認識できませんでした。下図ではGPTパーティション4がMBRで認識してません。そこでgdiskのリカバリーモードのhコマンドでそのパーティションのMBR hex codeを0cとしてみました。   2.Windows 10のインストール ハイブリッドMBRになった時点で、インストーラーはMBRディスクとして認識するのでそのままインストールを行います。WindowsをインストールするとブートマネージャーがWindows用に置き換わってしまいなすがそのまま続けます。 3.Linuxのインストール LinuxはGPTディスクとして認識するのでGPTディスクとMBRディスクのパーティションナンバーのずれに注意します。そしてブートマネジャーはbootのあるパーティションにインストールします。 Linuxのインストールが終わったら、次にOS Xのパーティションをアクティブにします。 # parted /dev/sda # set 2 boot … Continue reading

Posted in Linux, macOS, Windows | Comments Off on WindowsPCでOS X、Windows、Linuxをトリプルブート(Hybrid MBR編)

WindowsPCでmac OS、Windows、Linuxをトリプルブート

追記(10.5.2018):macOS Mojave 10.14はグラフィックス未対応のためThinkpad X220にはインストールできません MACOS MOJAVE 10.14 ON THE THINKPAD X220 はじめに WindowsとLinuxのデュアルブートは一般的ですが、さらにmacOSまで含めてトリプルブートはあまり知られていません。最近の機種はMacもWindowsもハードウェア的にはほぼ同じ構成であるため理屈の上ではWindowsPCにmacOSをインストールすることができます。しかしながらmacOSには制約が多いためインストール手順が重要になります。順序は最初にmacOS、次にWindows、最後にLinuxの順でインストールします。 注意:macOSは動作する機種が限られるのでインストールする前に機種のスペックをチェックして下さい。またBIOSもOSX86のサイトで見てmacOS用に最適化してください。 今回インストールした機種 Thinkcentre M73 Thinkpad X220 ThinkcentreもThinkpadもmacOSのインストール過程はほぼ同じで、違いはThinkpadにパッチを当てることくらいです。 0. Windows 10のインストール準備 パーティションの先頭にmac OSをインストールするためWindowsを再インストールすることになります。Windows 7からWindows 10にアップブレードを中心に進めていきます。 Windows 7の場合はDVD-ROMからインストール、または、下記のOptional 1: Windowsのダウングレードを参考にインストールします。 Windows 10の再インストールの場合はクリーンインストールになります。 Windows10は以前のバージョンに比べてライセンスの認証が簡単になり、一度Windows10をインストールすると同じエディションなら32ビットでも64ビットでも他言語バージョンでも認証が通るようになりました。いつでもクリーンインストールが可能になるので、まずはいったんアップグレードプログラムWindows10Upgrade.exeをMSサイトからisoファイルをダウンロードしてWindows10にアップグレードします。 Windows 10 のダウンロード そのisoファイルはrufusユーティリティを使ってGPT partition scheme … Continue reading

Posted in Linux, macOS, Windows | Comments Off on WindowsPCでmac OS、Windows、Linuxをトリプルブート

OSX Snow LeopardをWindows PCにインストール

OSXをWindowsPCに入れるプロジェクトは前から興味があったので、AppleからDVDを取り寄せて、何度かVirtualBoxの仮想マシンにいれたことはありました。 El Capitan(10.11)になってだいぶWindows機と相性がよくなってきているので実用に耐えるか検証をかねて、Wondows PCにインストールすることにしてみました。 El Capitanのインストールディスクを入手するにはアップルストアからになるのですが、手元にOSXで動くPCが必要です。そこでまずはSnow Leopardをインストールすることから始めます。 iBootを使った方法が一般的で安定しているので、まずは手元にある旧型PCにインストールしてみることにしました。iBootはインテル製のアーキティチャーによって違うので適したバージョンを選びます。旧型PCだと3.3.0になります。 今回インストールした機種 いずれも旧型PCです。DynabookはBIOS設定でAHCIの設定ができないので外付けHDDにインストールしました。ThinkpadはBIOSの設定でAHCIにします。 Dynabook SS MX27/AE Thinkpad X200 インストールの流れ PCの機種によりかなりインストール結果にバラつきがあります。途中でインストールが止まることもしばしばあります。ネットで解決策が見つかるかも知れません。基本的な流れは次のとおりです。 iBoot-3.3.0をCD-ROMに焼いてブートする Snow LeopardのDVDを差し替えてF5を押してブートメニューを更新する(F5押しはThinkpadの場合です) ブート画面にDVDが現れたらブートする ディスクユーティリティーで 外付けHDDをGUIDモードでフォーマットし、戻って画面にしたがってインストールを続ける インストールが終了すると自動的に再起動する iBoot CD-ROMを入れ替えてブートすると先ほどインストールしたHDDのアイコンが現れる。もし問題なく起動できれば設定画面が現れるので画面にしたがって設定していく MacOSXUpdCombo10.6.8.dmgをアップルのサイトからダウンロードしインストールする MultiBeast 3.10.1をインストールする Snow Leopardを再起動する 手持ちにブランクのCD-Rがなかったので、手順を変えてiBootをCDではなくiBoot3.3_usb_desde_windowsというUSBメモリで起動できるibootを使いました。またSnow Leopard DVDもisoイメージ化してddコマンドでUSBメモリに書き込んだものを使いました。   DynabookはUSBポートに起動順があって外付けHDDが見えたり見えなかったりで、苦労しましたがインストールはできました。 ThinkpadはF12キーで選択できるが、やはりHDDが起動できたり、エラーになったりで、試行錯誤の末、インストールできました。 機種の違いによるエラーの対処 ThinkpadをHDDから起動しようとすると、エラーを起こして起動できませんでした。エラー内容を見るとドライブの認識ができないためエラーだったのでKextを探して次のカーネルモジュールをインストールしました。 AppleACPIPS2Nub.kext … Continue reading

Posted in macOS, Windows | Comments Off on OSX Snow LeopardをWindows PCにインストール

FreeRadiusとOpenWrtを使ったWPA Enterprise (EAP-TLS)の設定 (2)

2. WPA Enterprise用のAPのセットアップ(OpenWRT) /etc/config/wirelessを編集します。例として次のようになります。パスコードは、FreeRADUSの/etc/freeradius/clients.confで指定したパスコードになります。 例) config wifi-iface option device ‘radio1’ option network ‘lan’ option mode ‘ap’ option ssid ‘{MyAP}’ option encryption ‘wpa2+ccmp’ option auth_server ‘{radius IP}’ option auth_secret ‘{secret}’ 3. クライアントのセットアップ Linux Desktop Network Managerの設定でEdit Connectionを選択します。 Security: WPA & WPA2 … Continue reading

Posted in Android, Chromebook, Linux, macOS, OpenWrt, Windows | Comments Off on FreeRadiusとOpenWrtを使ったWPA Enterprise (EAP-TLS)の設定 (2)

Windows 7: UEFI環境の0xc000000eエラーの修復方法

macOS sierraをWindows PCにインストールしたらWindows 7の起動で失敗するようになりました。修復方法を検索してそのとおりしたらPCそのものが死んでしまったので修復方法をまとめることにしました。PCのブートシステムには2通りあり、MBRとUEFIです。たいていの検索サイトではMBR環境での修復方法なのでUEFI環境に適用しようとするとシステムそのものを破壊してしまいます。私の場合はHybrid MBRになってしまったのでgdiskを使って修復するところからはじめなければなりませんでした。ピュアなGPTディスクに修復を終えて、ようやくシステム全体の修復作業に入りました。 追記(2017年9月26日):セーフモードで起動してリブートすると直る場合があります。 用意するもの: Windows 10のインストールディスク(MSからイメージをダウンロードしてrufus等で作ったUSBディスク) Windows 7ではなくWindows 10の理由はbcdbootコマンドのUEFIオプションが必要になるからです。 まずWindowsの入ったUSBをブートして修復の中からコマンドプロンプトを開きます。 UEFIパーティションにレターB:を割り当ててbcdbootで起動部分を作りなおすという手順です。 x:\>diskpart x:\>list disk x:\>select disk 0 x:\>list volume x:\>select volume (例1) x:\>assign letter b x:\>list volume x:\>exit x:\>bcdboot c:\windows /s b: /f UEFI  

Posted in Windows | Comments Off on Windows 7: UEFI環境の0xc000000eエラーの修復方法