Windows Phone Lumia 525にAndroidをインストールする方法

 

Androidのスマートフォンが壊れたため、昔使っていたWindows Phone(以下WP)に変えたのですがアプリが少ないため使い勝手が良くありません。またWindows 10にはアップグレードできないためセキュリティ上のリスクもあります。そこでLumia 525にAndroidを入れてみることにしました。もちろんMSは正式に認めていませんが非公式な開発プロジェクトがあります。作業環境はWindows PCで進めていきます。ADBツールはLinuxでも使えますがWP internalsなどのそれ以外のツールはWindows PCが必要になるからです。

注意:SIMを認識しないためモバイル機能は使えません。ほかにもカメラやヘッドフォンなどが使えません。サイト(Unofficial LineageOS 13.0 for Lumia 52X & 720)を参照。

必要なファイル

Optional

インストール手順

1.WPのバックアップ

WPのSettingsBackupでバックアップを取ります。

2.各種ツールのインストール

  • ADB Installer

PCからAndroidにアクセスするツールです。実行ファイルをクリックするとターミナル画面でオプションが表示します。すべてYにしてインストールします。

  • WP internals

WPにアクセスするツールです。デスクトップにinstall等の作業用のディレクトリを作りその上にWP internalsのディレクトリを作成して展開します。

  • Windows Device Recovery Tool

公式ROMをリカバリしたりコマンドツールがあります。

3.WPのROMをクリーンインストール

アップグレードした状態で作業行うと不具合の可能性があるのでクリーンインストールします。SetingsExtras & infoManufacturer Nameを参照しLumiaFirmwareのサイトからプロダクトコードに該当する拡張子ffuのファームウェアをダウンロードします。

WPをusbケーブルでWindows PCに接続します。

WP internalsを立ち上げます。

サイドパネルのPlatformFlashをクリックするとFlash original FFUに移動します。

ダウンロードしたLumiaのROMのFFUイメージを指定してフラッシュします。(リブートします)

リブート後、初期化した状態なので基本情報を入力します。

4.ブートローダのアンロック

WPが工場出荷状態になったところで、WP internalsのサイドパネルからUnlockUnlock Bootloaderをクリックします。Flash-modeに切り替えメッセイージがでるのでOKボタンを押します。(リブートしてFlash-modeになります)

WP internalsのディレクトリにSBL3 engineering archiveHEX loadersのファイルアーカイブをコピーしてディレクトリをつけて展開します。

もう一度WP internalsに戻りUnlockUnlock Bootloaderをクリックします。

SBL3 engineering archiveHEX loadersFFUイメージファイルを指定してフラッシュします。

5.LK bootloaderのインスール

インストール用のディレクトリ上にLK bootloaderのディレクトリを作成して展開します。Shift+右クリックでメニューを開き管理者権限でuefi2lk.cmd実行します。

成功するとWPがリブートしてTwrp画面が現れます。

ストレージモードになっているので、LineageOS 13.0サイトでダウンロードしたカスタムリカバリ、twrp_fame_20xxxxxx.imgrecovery.imgにリネームしてWPのdownloadにコピーします。そしてTwrpのInstall>Install Image>Recovary でフラッシュします。

フラッシュが終わったらいったん電源を落として電源ボタンと+ボリュームを同時押しで再起動します。

6.Androidのファームウェアのインストール

TwrpからWIPE>Advanceed Wipeに移動して次のパーティションをフォーマットします。

  • Dalvik / ART Cache
  • system
  • cache
  • Data Internal Storage

次にAdvanced>ADB sideloadに移動して次の項目にチェックします。そしてスライドさせて実行します。

  • Wipe Dalvik Cache
  • Wipe Cache

PCのエクスプローラでAndroidのファームウェア、lineage OSをc:\adbにコピーし、c:\adbディレクトリをShift+右クリックしてCMD画面を開きます。そして次のコマンドを実行します。

adb sideload lineage-13.0-20xxxxxx-UNOFFICIAL-fame.zip

転送が終わったらWPをリブートします。しばらくするとAndroidの設定画面が現れます。

以上でWPにAndroidをインストールする作業は終わりです。

 

Optional: Gappsを追加

Androidが動くようになったのですが、systemパーティションの容量不足からGappsがインストールできません。そこでパーティションの容量を大きくしてGappsをインストールできるようにしてみます。

警告:かなり危険な作業です

AndroidをDeveloper optionsを追加してPCに接続したときにストレージモードが使えるようにします。(Settings>About>Build numberの項を連打するとオンになります)

AndroidをusbケーブルでPCにつなぎます。つぎのファイルをAndroidのSDにコピーします。

  • lineage-13.0-20xxxxxx-UNOFFICIAL-fame.zip
  • open_gapps-arm-6.0-pico-20xxxxxx.zip
  • SuperSU-v2.82-20xxxxxxxxxx.zip (Optional)
  • Repartition script Redmi 1s_1.2GB system space.zip
  • parted

AndroidをリブートしてTwrpリカバリを起動します。

Advanced>File manager>Browseparted/sbinにコピーしてファイルモードを755にします。つぎにInstallに移動してRepartition script Redmi 1s_1.2GB system space.zipをインストールします。エラーが出なければ再パーティション化は完了です。

次にWipe>Advanceed Wipeに移動して、次のパティションをフォーマットします。

  • Dalvik / ART Cache
  • system
  • cache
  • Data
  • Internal Storage

そしてInstallに移動して、Lineage OSopen-GappsSuperSU(Optional)をインストールし再起動すれば完了です。

Google Playからインストールしてみます。PCのWebブラウザからだとdevice名が表示されます。

 

References:

Archives: