Category Archives: macOS

ThinkPad X230iにmacOS Catalinaをインストール

前回、ヤオフクで格安で手に入れたジャンクThinkpad X230iを修復、バッテリーを使えるようにカスタムBIOSをアップデートしました。日本語キーボードは使えるのですが一部のキーがヘタっていてあまり使い勝手が良くないので英語キーボードに取り替えることにしました。今日、eBayで発注した荷物がアメリカから届いたので早速取り替えました。ThinkPadはパーツの取り替えは簡単にできるよう設計してあり、キーボードも10分ほどで換装が終わりました。 キーボードを新調したのでX230iの見た目が新品に近い印象に仕上がりました。 ThinkPad X220の時と同じようにX230iにmacOS、Windows、Linuxの3つのOSをインストールします。手順は同じですが今回はブートシステムをUEFI Onlyにしました。MBRモードはこれからはあまり使う機会はないと思います。Windows、Linuxのインストールは問題ないのですが、macOSは使えるまでにかなりのチューニングが必要です。まずは、余っていたWi-Fiのパーツ、BCM94322HM8L(a/b/g/n)と、BTドングルをminiPCIeに変換するパーツをインストールしました。ところがCatalinaをインストールしたところWi-Fiを認識しないので、Googleで検索したら、Catalinaではこの品番のWi-Fiカードは使えないことがわかりました。 もしこのカードを使うにはhigh SierraまたはMojaveのIO80211Family.kextで入れ替える必要あるのですが、私の場合はX220にインストールしたBCM94352HMBをX230iに使うことにして、BCM94322HM8LはHigh SierraのX220で使うことにしました。BCM94352HMBは前回、51ピンをマスクしてあるので、BTは使えるようになっています。 BTもWI-FIも2.4Ghz帯を使っているので電波の干渉が心配でしたが特に問題ないようです。ヤオフクではThinkPad用のBT4モジュールが1000円程度で買えるのでリスクを負うより正規品を買ったほうがよかったかもしれません。 Catalinaのインストール バニラでインストールしました。インストール自体は特に問題はありませんが、BT、WIFIはCloverのKextパッチで動くのですが、使っているいるうちに、突然使えなくなるという問題が出ました。High SierraのIO80211Family.kextを使ってもうまくいきませんでした。そこで別の方法で試してみてました。KextパッチのWIFI部分だけ外して、IO80211Family.kextを編集します。 /System/Library/Extensions/IO80211Family.kext/Contents/PlugIns/AirPortBrcm4360.kext/Contents/Info.plist これでしばらく使ってみて、ダメであればMojaveにダウングレードするしかないようです。 EFI 追記 Wi-Fi問題が解決できなかったのでMojaveをセットアップしました。今の所Wi-FIの不具合はありません。 EFI 参考: https://w.atwiki.jp/osx86jp/pages/56.html

Posted in macOS | Comments Off on ThinkPad X230iにmacOS Catalinaをインストール

Thinkpad X200にmacOS High Sierra VMを入れる

ThinkPad x200はSnow Leopard止まりですがVirtualBoxを使って入れられないか検索したところどうやらできそうだということがわかりした。そこでサイト通りにやったのですがやはり簡単には行きませんでした。まずMojave 10.14.6は入りません。インストーラーがHWチェックでエラーを出すのでインストールが完了できません。 そこでHigh Sierraなら入りそうなのでやってみることにしました。最初の難関はインストールディスクの賞味期限が切れていることです。それで次のようにホストPCのシステム時計を過去に戻します。 Install Diskの作成 参考のサイトの通りに作成します。 VirtualBox イメージの作成 これも参考のサイト通りに作成します。 x200ではこれだけだと動かないので次の設定を追加します。 VirtualBoxの設定 ゲストOSがUSBにアクセスできるようにするためにホストPCの設定です。 VirtualBox側の設定です。 マウスとキーボードはx200では厳しいものがあり、USB Tabletだとチャタリングを起こすときがあります。そうした場合、PS/2 Mouse設定で幾分改善されます。ネットワークは使えないと思うのですが一応設定しておきます。VirtualBoxのネットワークカードはインストールでエラーになるのでUSBIPを使います。もしUSBIPがなければ試してませんがスマホのUSBテザリングでもいけると思います。 VirtualBox 5.2(Ubuntu 18)の場合、インストールの途中でリブートしたときに、また振り出しに戻ります。それを避けるためにActivate Boot ManagerをCtrl+F12で起動します。詳しくは参考のサイトに書かれています。 Post Installation 解像度の設定をやってみたのですが無駄した。一応設定方法を書いておきます。 キーボードはもちろんThinkpadなので、x220で使ったKextを/L/Eにインストールします。 VoodooPS2Controller.kext IntelMausiEthernet.kext Kext Utility.appをApplcationsにインストールして実行します。 VirtualBoxのフルスクリーンモードにすると使いやすくなります。 参考 https://tobiwashere.de/2017/10/virtualbox-how-to-create-a-macos-high-sierra-vm-to-run-on-a-mac-host-system/ http://x220.mcdonnelltech.com/ https://osxdaily.com/2019/10/24/fix-install-macos-application-damaged-cant-be-used-error-mac/

Posted in Linux, macOS | Comments Off on Thinkpad X200にmacOS High Sierra VMを入れる

(新)macOSで印刷

TinkPad x220にHigh Sierraをセットアップしたのでプリンターもセットアップしてみました。以前にも設定したことがあるのですが情報が古いので新たに書くことにしました。機種はモノクロレーザープリンターのRicoh IPSiO SP 4000です。色々検索してトライ&エラーを繰り返して漸く印刷できるようになりました。 1.アプリケーションと設定ファイル HomebrewでGhostscriptをインストールします。 brew install ghostscript –build-from-source foomatic-rip-4.0.6.230.dmgをダウンロードしてインストールします。 Ricoh-RPDL_IV_Laser_Printer-rpdl.ppdをダウンロードしてテキストエディタで編集します。 *cupsFilter: “application/vnd.cups-postscript 0 foomatic-rip” *cupsFilter: “application/vnd.cups-pdf 100 foomatic-rip” *DefaultResolution: 600x600dpi 2.ブラウザからCUPSダッシュボードにアクセスできるようにします ターミナルから次のコマンドを打ち込みます。 sudo cupsctl WebInterface=yes 3.ダッシュボードにアクセスします http://localhost:631 Administration から Add Printerを選んで Internet Printing Protocol (http)を選択します。Connection:のbっくすにネットワークプリンタアドレス(例:socket://192.168.211.1:9100)を入れて、PPDのRicoh-RPDL_IV_Laser_Printer-rpdl.ppdファイルを選択します。 4. … Continue reading

Posted in macOS | Comments Off on (新)macOSで印刷

maOS Security Update 2020-002のアップデート

ThinkPad x220にSSDを換装してhigh sierraを再インストールしました。high sierraのバージョンは10.13.6です。再インストールは難しいところがありいろいろ検索しながらの作業でした。まずそのままではインストールできないのでシステム時計を2018年にセットしてからインストールします。つぎにセキュリティアップデートですがそのまま素直にアップデートしてれません。そこでセイフティモードなどいろいろやってみたのですがそれでもできません。あるサイトのフォーラムでアップデートできたという報告があったので、そのとおりにやってみたら偶然かもしれませんができました。まずはシステム時計の針を2018年にセットしてmacOSのシステム時間をセットします。 System Preferences > Startup Disk softwareupdate -d -a softwareupdate -i -a –restart Bluetooth もう一つBluetoothが使えない問題があります。いろいろパッチを試してみたのですがどれもうまく行きませんでした。ところが仮想VMでBluetoothを有効にすれば使えるというフォーラムの投稿があったので試したところ使えるようになりました。キモはBluetoothデバイスは独立しているのでファームウェアをロードできればリブートしない限りホストPCでも使えるということです。先日、換装したBCM94352HMBのファームウェアを仮想VMにもインストールしておきます。仮想ソフトはVmwareでVirtualBoxでもできましたVmwareは30日間限定なのでVirtualBoxが良いと思います。方法は仮想VMで一度、USBのBluetoothデバイスを有効にして数秒後オフにするだけです。 VPN KEv2 当初、EAP-TLSでセットアップしてましたがサーバ側のログを見るとどうもクライアント側が対応してません。色々検索してみるとmacOSではEAP-TLSが使えないようです。もしくはStrongSwan以外のVPNを使うかです。そこでPUBKEY方式で調整してみたらつながるようになりました。設定にはApple Configurator 2を使います。 ショートカットキー 全てにおいて申し分ありませんが一つだけ使い勝手が悪いものがあります。ショートカットキーです。ターミナルでCTRL+Wで終了してしまうのでターミナルでの作業が一瞬にして消えてしまします。これを防ぐためにキーの際割り当てをします。System Preferences > ketboard> shortcutsの左ペインでApp shortcutを選択してClose Windowを作ります。それに新しいキーを割り当てます。 trimの有効化 そのままでも十分速いのですが、trim機能を有効にするとさらに速くなります。 sudo trimforce enable

Posted in macOS | Comments Off on maOS Security Update 2020-002のアップデート

macOS MojaveをWindows PCにインストール

macOS Mojaveのインストールは前バージョンのHigh Sierraを同じですが、Clover Configuratorが使えなくなっている箇所があり別の方法で設定します。 [Guide] Intel Framebuffer patching using WhateverGreen この新しい設定方法ではグラフィックスとオーディオを設定することができます。この方法でサウンドは出るようになったのですがデュアルディスプレイは残念ながらできませんでした。Intel FB-Patcherというツールを使ってEFIにあるconfig.plistに書き込みます。 書き込みができたらXcodeのplistエディターで編集します。

Posted in macOS | Comments Off on macOS MojaveをWindows PCにインストール

Windows PCでmac OS、Windows、Linuxをトリプルブート (High Sierra編)

High Sieeraの通知が来たのでアップグレードすることにしました。機種は前回と同じ、Thinkcentre M73とThinkpad X220です。 注意:macOSは動作する機種が限られるのでインストールする前に機種のスペックをチェックして下さい。またBIOSもOSX86のサイトで見でmacOS用に最適化してください。 Thinkcentre M73のアップグレード 直接アップグレードする方法で試してみました。方法はサイトにあるとおりです。 Update Directly to macOS High Sierra 私の機種はSSDでなくHDDなのでAlternative Guideの方法を使います。ところがインストール途中で止まってリブートしてしまうので先に進めません。High Sierra用のUniBeastはまだないのでUSBドライブを使った方法にしてみました。 How to Create a macOS High Sierra Public Beta Installation USB まず8GB以上のUSBドライブを挿してmacOSでバニラのインストールディスクを作ります。 $ sudo /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia –volume /Volumes/USB –applicationpath /Applications/Install\ macOS\ … Continue reading

Posted in Linux, macOS, Windows | Comments Off on Windows PCでmac OS、Windows、Linuxをトリプルブート (High Sierra編)

WindowsPCでOS X、Windows、Linuxをトリプルブート(Hybrid MBR編)

前回、比較的新しい手持ちのPCをトリプルブートできるようにしたしたのですが、Core2Duoのようなひと昔前のPCをデュアルブート、トリプルブートするのはかなり困難です。しかし不可能というわけでもありません。 通常、BIOSでMBRモードもしくは混在モードにしている場合、OSXではGPTディスクとしてインストールするのですが、次のWindowsのときMBRディスクとみなすのでインストールできないというジレンマがあります。ところがHybrid MBRというMBRとUEFIが混在できる魔法のような方法があります。しかしながら、いろいろ調べると現実的にはその魔法には深刻な副作用が伴います。複雑なパーティションのためデータの損失の恐れがあります。インストールするのはサブのサブ機なので、たとえシステムが破壊される覚悟でインストールしてみました。 1.ディスクをHybrid MBRにする まずLinuxをLiveUSBで立ち上げ、Gpartedでパーティション割りを行います。 OSXはすでにあるので、そのあと、WIndowsのNTFSパーティション、Linuxのbootパーティション、LVMパーティションを作成しました。 Hybrid MBRにするにはgdiskコマンドを実行します。 # gdisk /dev/sda Snow Leopardをインストールした時点でMBRがprotectiveとなっているので、これを画面のようにHybridに変更します。 例) gdisk /dev/sda r-p-h-5 4 3…-o-w LinuxのgptsyncコマンドはGPTディスクとMBRディスクのパーティションをすり合わせる重要なコマンドです。 ところがGPTの一部のパーティションを認識しないことによって動かないケースがあります。 私場合はLVMのパーティションは問題なかったのですがLinuxパーティション(83)が認識できませんでした。下図ではGPTパーティション4がMBRで認識してません。そこでgdiskのリカバリーモードのhコマンドでそのパーティションのMBR hex codeを0cとしてみました。   2.Windows 10のインストール ハイブリッドMBRになった時点で、インストーラーはMBRディスクとして認識するのでそのままインストールを行います。WindowsをインストールするとブートマネージャーがWindows用に置き換わってしまいなすがそのまま続けます。 3.Linuxのインストール LinuxはGPTディスクとして認識するのでGPTディスクとMBRディスクのパーティションナンバーのずれに注意します。そしてブートマネジャーはbootのあるパーティションにインストールします。 Linuxのインストールが終わったら、次にOS Xのパーティションをアクティブにします。 # parted /dev/sda # set 2 boot … Continue reading

Posted in Linux, macOS, Windows | Comments Off on WindowsPCでOS X、Windows、Linuxをトリプルブート(Hybrid MBR編)

WindowsPCでmac OS、Windows、Linuxをトリプルブート

追記(10.5.2018):macOS Mojave 10.14はグラフィックス未対応のためThinkpad X220にはインストールできません MACOS MOJAVE 10.14 ON THE THINKPAD X220 はじめに WindowsとLinuxのデュアルブートは一般的ですが、さらにmacOSまで含めてトリプルブートはあまり知られていません。最近の機種はMacもWindowsもハードウェア的にはほぼ同じ構成であるため理屈の上ではWindowsPCにmacOSをインストールすることができます。しかしながらmacOSには制約が多いためインストール手順が重要になります。順序は最初にmacOS、次にWindows、最後にLinuxの順でインストールします。 注意:macOSは動作する機種が限られるのでインストールする前に機種のスペックをチェックして下さい。またBIOSもOSX86のサイトで見てmacOS用に最適化してください。 今回インストールした機種 Thinkcentre M73 Thinkpad X220 ThinkcentreもThinkpadもmacOSのインストール過程はほぼ同じで、違いはThinkpadにパッチを当てることくらいです。 0. Windows 10のインストール準備 パーティションの先頭にmac OSをインストールするためWindowsを再インストールすることになります。Windows 7からWindows 10にアップブレードを中心に進めていきます。 Windows 7の場合はDVD-ROMからインストール、または、下記のOptional 1: Windowsのダウングレードを参考にインストールします。 Windows 10の再インストールの場合はクリーンインストールになります。 Windows10は以前のバージョンに比べてライセンスの認証が簡単になり、一度Windows10をインストールすると同じエディションなら32ビットでも64ビットでも他言語バージョンでも認証が通るようになりました。いつでもクリーンインストールが可能になるので、まずはいったんアップグレードプログラムWindows10Upgrade.exeをMSサイトからisoファイルをダウンロードしてWindows10にアップグレードします。 Windows 10 のダウンロード そのisoファイルはrufusユーティリティを使ってGPT partition scheme … Continue reading

Posted in Linux, macOS, Windows | Comments Off on WindowsPCでmac OS、Windows、Linuxをトリプルブート

OSX Snow LeopardをWindows PCにインストール

OSXをWindowsPCに入れるプロジェクトは前から興味があったので、AppleからDVDを取り寄せて、何度かVirtualBoxの仮想マシンにいれたことはありました。 El Capitan(10.11)になってだいぶWindows機と相性がよくなってきているので実用に耐えるか検証をかねて、Wondows PCにインストールすることにしてみました。 El Capitanのインストールディスクを入手するにはアップルストアからになるのですが、手元にOSXで動くPCが必要です。そこでまずはSnow Leopardをインストールすることから始めます。 iBootを使った方法が一般的で安定しているので、まずは手元にある旧型PCにインストールしてみることにしました。iBootはインテル製のアーキティチャーによって違うので適したバージョンを選びます。旧型PCだと3.3.0になります。 今回インストールした機種 いずれも旧型PCです。DynabookはBIOS設定でAHCIの設定ができないので外付けHDDにインストールしました。ThinkpadはBIOSの設定でAHCIにします。 Dynabook SS MX27/AE Thinkpad X200 インストールの流れ PCの機種によりかなりインストール結果にバラつきがあります。途中でインストールが止まることもしばしばあります。ネットで解決策が見つかるかも知れません。基本的な流れは次のとおりです。 iBoot-3.3.0をCD-ROMに焼いてブートする Snow LeopardのDVDを差し替えてF5を押してブートメニューを更新する(F5押しはThinkpadの場合です) ブート画面にDVDが現れたらブートする ディスクユーティリティーで 外付けHDDをGUIDモードでフォーマットし、戻って画面にしたがってインストールを続ける インストールが終了すると自動的に再起動する iBoot CD-ROMを入れ替えてブートすると先ほどインストールしたHDDのアイコンが現れる。もし問題なく起動できれば設定画面が現れるので画面にしたがって設定していく MacOSXUpdCombo10.6.8.dmgをアップルのサイトからダウンロードしインストールする MultiBeast 3.10.1をインストールする Snow Leopardを再起動する 手持ちにブランクのCD-Rがなかったので、手順を変えてiBootをCDではなくiBoot3.3_usb_desde_windowsというUSBメモリで起動できるibootを使いました。またSnow Leopard DVDもisoイメージ化してddコマンドでUSBメモリに書き込んだものを使いました。   DynabookはUSBポートに起動順があって外付けHDDが見えたり見えなかったりで、苦労しましたがインストールはできました。 ThinkpadはF12キーで選択できるが、やはりHDDが起動できたり、エラーになったりで、試行錯誤の末、インストールできました。 機種の違いによるエラーの対処 ThinkpadをHDDから起動しようとすると、エラーを起こして起動できませんでした。エラー内容を見るとドライブの認識ができないためエラーだったのでKextを探して次のカーネルモジュールをインストールしました。 AppleACPIPS2Nub.kext … Continue reading

Posted in macOS, Windows | Comments Off on OSX Snow LeopardをWindows PCにインストール

Thinkpad x220のmini PCIeモジュールの換装

macOSをThinkpadに入れてIntel製Centrino のminiPCIeを動かすことは不可能なので、外付けのWIFIドングルかminiPCIeモジュールを交換するかのどちらかの選択になります。 Broadcomのモジュール(品番:BCM94322HM8L)を使ってWi-FIモジュールの交換を行いました。 必須条件:カスタムBIOSかほかの方法でのセキュリティチェックの回避 モジュール交換が意外と簡単でしたが、実は賭けみたいなところがあり、そのままではThinkpadはminiPCIeのWIFIモジュールにセキュリティロックをかけているので純正品でないと立ち上がりません。 Problem with unauthorized MiniPCI network card\ 1802: Unauthorized network card is plugged in – Power off and remove the miniPCI network card. エラーを回避する方法はピンの20番目をシールするとかいろんな方法があるらしいのですが、一番シンプル(かつ危険)な方法はBIOSを書き換えて、原因のWhitelistを除くことです。。 幸い、以前El CapitanをインストールするときにカスタムBIOSに書き換えて、同時に原因のWhitelistも取り除くことができたので。そのまま進めていきます。   まず背面のねじを外します。画面のようにマークがあるので、どのねじを外せばよいのかわかりやすくなっています。ねじを取り外してから前面に戻し、キーボードとタッチパッドパネルをはずすとminiPCIeモジュールが見えてきます。 アンテナとねじを外してモジュールを交換して元通りに組み立てます。 モジュールの交換を終えたら動作の確認を行います。まず最初のWindows 7では問題なく作動しました。LinuxはBroadcomのfirmwareをインストールしリブートすると動きます。心配だった問題のmacOSは画面のようにあっけなくminiPCIeモジュールを認識しました。   Optional: WIFIモジュールidの書き換え さらなるmac化のためにデバイスidの書き換えをしてみました。 手順はサイトの通りでコピペで全て大丈夫でした。仮想化ソフトのVBにUbuntu 12.04.5 … Continue reading

Posted in DIY, Linux, macOS | Comments Off on Thinkpad x220のmini PCIeモジュールの換装