ThinkPad x220にBCM94352HMBを換装

ルーターを11ac対応にしたのでラップトップPCも合わせて対応してみました。BCM94352HMBは安定性があり人気があります。それとWindows PCのmacOSでも使えるのでこのチップはとても都合がいいです。レノボ製は汎用PCie-miniチップbiosで弾かれてしまうのでカスタムbiosでアップデートしておきます。

躓いたところはBluetoothが認識しないので検索したところ51ピンをマスクすれば使えるというレビューを見ました。手元あるもので対応することにしてメンディングテープを細く切ってパーツに貼り付けてインストール。これでBluetoothを認識するようになりました。ドライバーはWi-FiとBluetoothのコンボなので2つ必要です。Windows 7の場合は標準ドライバーにないのでそれぞれネットで検索して見つけます。Linuxは少し厄介でFirmware、BCM20702A1-04ca-200b.hcdをネットで見つけて/lib/firmware/brcm/にコピーしてリブートします。ロットによってFirmwareのマイナーバージョンが違う可能性があるので不具合がある場合は、dmesgでエラーをみて正しいfirmwareを検索してインストールします。

追記: Bletoothの認識の再挑戦

前述した通り、VBでBTを認識できるので問題はないのですが、どもう色々フォーラム等を見てみるとできるようなので、再挑戦して見ました。次のリポジトリから最新版のBrcmPatchRAM-2.5.3-RELEASEをダウンロードして適当なフォルダーに展開します。

BrcmFirmwareData.kextとBrcmBluetoothInjector.kextをEFIのkext/othersに入れます。古いBlueTooth_Injector.kextかどこかに移動させておきます。BrcmPatchRAM2.kextを/Library/Extenstionsに入れてKext Utility起動させてたあとリブートします。