Proxy ArpとZeroconf

以前にProxy Arpを使ってゾーン分けをしてファイヤーウオールをした記事を書きましたが、Samba情報がProxy Arpで阻まれて得られない問題がありました。DNSならばDnsmasqのリレー機能を使えば出来ますがDNS以外は出来ません。Zeroconf機能を使えばSamba情報は得られるのですがOpenWrtで使えるZeroconfアクリケーションはいくつかあります。その中で調査した結果、Avahiがリレー機能があることがわかりました。次のように設定します。

/etc/avahi/avahi-daemon.conf

[server]
# host-name=foo
# domain-name=local
use-ipv4=yes
use-ipv6=yes
check-response-ttl=no
use-iff-running=no
deny-interfaces=mesh0

[wide-area]
enable-wide-area=yes

[publish]
# publish-addresses=yes
# publish-hinfo=yes
publish-hinfo=no
publish-workstation=no
# publish-domain=yes
# publish-dns-servers=192.168.1.1
# publish-resolv-conf-dns-servers=yes

[reflector]
# enable-reflector=no
enable-reflector=yes
reflect-ipv=no

[rlimits]
# rlimit-as=
rlimit-core=0
rlimit-data=4194304
rlimit-fsize=0
rlimit-nofile=30
rlimit-stack=4194304
rlimit-nproc=3

Avahiをリスタートすれば反映されてどのOSからもNASが見えるようになります。