[海外ドラマ] Yo soy Betty, la fea(私はベティ、ブスよ)

この海外ドラマ’Yo soy Betty, la fea’かなり以前から知っていたけどもスペイン語の翻訳がなかったためストーリーがよく理解できませんでした。今はYoutubeで一部が英訳の字幕がつけられているので内容が理解できるようになりました。翻訳がないエピソードはトランススクリプトの自動翻訳を利用すれば精度はあまりよくありませんがストーリーは理解できます。

このドラマはコロンビアで制作され1999年12月から2001年4月まで169エピソードが放送され大人気を博しました。その後、スペイン語圏で放送されたほか字幕付きまたはリメイク版で多くの国で放映されました。ソープ・オペラと言われるジャンルで、名称から連想されるように日用品を扱う会社がスポンサーなので視聴者は限られていて女性をターゲットとしたシンデラレストーリーと言う筋書きがどのドラマにも共通しています。また制作費が低予算なのでたいてい制作されるドラマはクオリティが今ひとつです。その中で’Yo soy Betty, la fea’はプロット、登場人物の演技が素晴らしくジャンルの枠を越えて幅広い視聴者に共感する作品に仕上がっており今なおその輝きを失っていない数少ないドラマのひとつです。

ストーリーは簡単に言ってしまえばブス(失礼)なベティーがコロンビアのファッション大手のエコモダで社長秘書として雇われて成功するシンデレラ物語ですが、いろいろなエピソードが織り込まれいて、おかしくもあり悲しくもありで飽きさせないストーリーで最後まで楽しめます。ドラマは大雑把にわけて3部構成となっています。1部はエコモダでベティが活躍して何度もアルマンドの危機を救い、ベティとの信頼関係を深めていきます。この段階では物語はゆっくりと進行して行きます。2部は無謀な目標設定とフライドがたたってアルマンドは徐々に会社経営のコントロールを失っていきます。ベティにバックアップ用のテラモダという子会社を作らせて財政危機に陥ったエコモダの資産を保全させます(テラモダがエコモダの資産を差し押さえて銀行などの債権者が競売にかけられないようにする工作)。そしてアルマンドはベティに大幅な権限を与えてエコモダの財務を管理させます。立場が逆転したことに気がついたアルマンドとマリオはベティを誘惑する策略を練って取り返しにかかります。物語はアルマンドとベティの恋愛と復讐で大きく動きます。3部はエコモダを去ったベティは新天地で再起をはかります。みごと変身してエコモダに臨時社長として復帰、そしてハッピーエンドで物語は終わります。

このストーリーを成り立たせているのはハンサムでプライドは高いが実力がない社長アルマンドとブサイクだが優秀な補佐のベティの組み合わせです。そこからいろいろ教訓も得られます。30年かけて築き上げた会社を父親から受け継いで1年足らずで倒産危機に陥り、ベティに頼んで粉飾決算するものの最終的に明るみになります。アルマンドの取り巻きはブレーンのマリオだけで他の社員の意見に耳を傾けません。また意見の対立から経営陣との関係がぎくしゃくします。そのため経営ミスをしても修正が利きません。一方、ベティはエコモダの社員と強い関係を築き、カタリーナの助けを得て対外的にも関係を築いていきます。もちろんカタリーナも将来を見込んでベティに投資する打算もあったはずです。最終的にはベティが社長になってエコモダを経営することになります。アルマンドはサザエさんでいえば婿養子マスオさんに近い境遇に置かれ、ベティに尽くす男になって悲哀を感じなくもありません。

以下、Youtubeから抜粋。

Continue reading [海外ドラマ] Yo soy Betty, la fea(私はベティ、ブスよ)