Chromebookにbusyboxをインストールする

Chromebookのchronosのshellでコマンド操作するときどうも使いづらい。

例えばテキスト編集するのにviコマンドを使いますが、カーソルの動きがおかしくどうも使いづらいのでbusyboxをインストールしてみます。

Linux PCでダウンローしてパッケージを展開します。croutonを使っている場合、Downloadsに展開すればChomreOSからもアクセスできます。

dpkg-deb -x busybox-static_<VER>_armhf.deb busybox-static

busybox-static/bin/busyboxができます。これを/usr/local/binにコピします。

cp -a busybox-static/bin/busybox /usr/local/bin
chown root:root /usr/local/bin/busybox

busybox <コマンド名>でも使えますが、busyboxのコマンドを登録してしてみます。

list="usleep brctl traceroute6 ifdown mt deallocvt loadkmap cttyhack mdev ftpput start-stop-daemon getty dumpleases run-parts nc telnet setkeycodes dpkg-deb udhcpd [[ syslogd dpkg adjtimex cmp vconfig dumpkmap acpid rpm2cpio crontab ifup strings dos2unix tftp ar logread unlzop patch klogd unzip lzop watchdog chvt crond tunctl delete-chroot ed lzopcat time telnetd less unix2dos devmem ftpget rpm nslookup rdate ipcalc freeramdisk openvt vi diff cpio traceroute udhcpc vim ash microcom loadfont httpd killall"
for i in $list; do ln -s busybox $i; done

これでunziptelnetがChromebookで使えるようになります。