Monthly Archives: October 2017

Tor + Polipoを導入する

Torはプライバシー保護のためネット経路を分散化するツールです。Torだけでも良い気がしますがProxyを挟むと接続がスムーズになるそうなので、Torの導入に合わせてProxyのPolipoも入れてみます。 構築方法は大きく分けて2つあり、個々のPCで構築する方法と、ルーターに入れてネットから接続する方法とあります。 個々のPCに導入する方法 Torブラウザをインストールするのが一番簡単ですが、今回はmacOSにTorを導入してみました。 /usr/local/etc/tor/torrc: ~/.polipo: macOSのプロキシの設定: Socksを除きポートは8123 モニターのアプリarmをインストール Poliloの設定を調べるには次のアドレスにアクセスします。 ルーターに入れる方法(OpenWrtの場合) 主にWi-Fi経由のアクセスになります。VLANでネットワークを分けて通常のネットワークと切り離して使います。 Torはメモリを多く必要としているので最小限64MBは必要です。インターネットに繋がっているルーターにはいろいろなデーモンを動かしているので負荷の少ないハブ代わりに使っているルーターにインストールしてみました。 ネットワーク図: OpenWrtのダッシュボードのNetworkでインターフェース(例:TRANSTOR)を作ります。 例)General Setup: 例)Physical Settings: Bridge interfaces: チェックを入れます VLAN Interface: “eth0.2” (transtor) WIFIを設定します。 Wireless Network: Master “Tor” (transtor) Switchを設定します。 Firewallを設定します。 Zones: Wifi(trantor) Input:accept Output:accept Forward:reject インターネットのGWの親機のルーターも同様に設定します。 パッケージをインストールします。 … Continue reading

Posted in Networking | Comments Off on Tor + Polipoを導入する

Android: SSHデーモンを有効にする

Google Playにsshサーバーアプリはありますが広告がついていたりするので使いたくない場合があります。Androidにsshdサーバがある場合はそれを使ってサーバを起動してみます。ユーザー名はandroidでアクセスするのですがパスワードの設定をしたくない(または出来ない)のでRSA鍵を使ってアクセスできるようにします。root化してあることが前提です。 スクリプトマネージャーとBusybox(Stephen版) をPlayストアからインストールします。sshdデーモンのスクリプトを起動するために使います。 アンドロイドはLinuxにシステムが近いのですが異っている部分も多いのでアンドロイドの環境に合わせて設定します。アンドロイドをデベロッパーモードにしadbを使えるようにします。/etcは読込専用であるため/dataにssh用のディレクトリを作成します。 sshサーバ鍵の作成 adbでアンドロイドにアクセスします。 sdb shell root権限にします。 su ssh用のディレクトリを作成します。 mkdir /data/ssh sshサーバの鍵を作成します。 RSA鍵の作成(鍵は2048ビットまた4096ビットにします) ディレクトリ付きでファイル名を入力します。パスワードは無しにします。これで秘密鍵と公開鍵が作成されます。 ssh-keygen -t rsa -b 2048 -f /data/ssh/ssh_host_rsa_key 同じようにDSA鍵の作成します。ディレクトリ付きでファイル名を入力します。パスワードは無しにします ssh-keygen -t dsa -b 1024 -f /data/ssh/ssh_host_dsa_key Clientの公開鍵を登録 /data/ssh/authorized_keysにClientの公開鍵を書込みます。 cat > /data/ssh/authorized_keys <<‘EOF’ … (クライアントの~/.ssh/id_rsa.pubの内容をカット&ペストします) … EOF … Continue reading

Posted in Android | Comments Off on Android: SSHデーモンを有効にする

Huawei P8 LiteにOpenKirin’s RROSをインストールする

P8 lite用のLineage OS 14.1はまだ開発段階でトラブルが多そうだったので13.0をインストールしたのですが、バッテリーの減りが激しく調整していたら別のROMOpenKirin’s RROSというのがあったのでこのROMを使って7.1.2にアップグレードすることにしました。 [ROM][7.1.2][ OpenKirin’s RROS v5.8.5 For Huawei P8Lite ][Update 30/09/2017] サイトのリンク先からTwrp、ROM、GppsをダウンロードしてP8 LiteのSDに移します。 リブートしてカスタムリカバリのTwrpを起動し、Twrpを更新します。 リブートして再度Twrpを起動し内部のメモリをすべて消去します。 新しいROMとGappsをフラッシュします。 Post installation On Call Proximity、XPlayer、Footej CameraをGoogle Playからインストールします。  

Posted in Android | Comments Off on Huawei P8 LiteにOpenKirin’s RROSをインストールする

Windows PCでmac OS、Windows、Linuxをトリプルブート (High Sierra編)

High Sieeraの通知が来たのでアップグレードすることにしました。機種は前回と同じ、Thinkcentre M73とThinkpad X220です。 注意:macOSは動作する機種が限られるのでインストールする前に機種のスペックをチェックして下さい。またBIOSもOSX86のサイトで見でmacOS用に最適化してください。 Thinkcentre M73のアップグレード 直接アップグレードする方法で試してみました。方法はサイトにあるとおりです。 Update Directly to macOS High Sierra 私の機種はSSDでなくHDDなのでAlternative Guideの方法を使います。ところがインストール途中で止まってリブートしてしまうので先に進めません。High Sierra用のUniBeastはまだないのでUSBドライブを使った方法にしてみました。 How to Create a macOS High Sierra Public Beta Installation USB まず8GB以上のUSBドライブを挿してmacOSでバニラのインストールディスクを作ります。 $ sudo /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia –volume /Volumes/USB –applicationpath /Applications/Install\ macOS\ … Continue reading

Posted in Linux, macOS, Windows | Comments Off on Windows PCでmac OS、Windows、Linuxをトリプルブート (High Sierra編)

Huawei P8 Lite ALE-L02にLineage OS 13.0をインストールする

  先日、Lunia525にAndroidをインストールして一見快調かに思えたが、GPSなどまだまだ動かない機能が多くて、ちょっと日常では使えそうにありません。そこでHuawei P8 liteを1万円ちょっとで取り寄せてみました。 Huawei P8 liteにした理由は低価格、ドコモのプラスエリア対応、そしてLineage OSに対応してるためです。ドコモのプラスエリアは特殊な電波帯なので、これだけでかなり選択肢が狭まってしまいます。海外で売られているような一般のスマホでは少し田舎に行くと電波を掴まないという問題があって、普段気が付かないだけで、実際そういう場面に遭遇した時はかなりショックでした。より多くの電波を捉えるという意味でHuawei P8は価値あるスマホと言えます。 組み込み系はみなそうですが機種の選定がとても大事です。カスタムファームウェアに対応している機種はほんの一部です。さらにマイナーバージョンも見なくてはいけません。P8 Liteは大きく分けてDual SIMバージョンとSingle SIMバージョンがありSingle SIMバージョンにはLineage OS対応がありません。日本で手に入る機種はALE-L02なのでLineage OSをインストールできます。 カスタムファームウェアのインストールの流れ 簡単に言ってしまえばカスタムリカバリのTwrpをインストールして、それを使ってカスタムファームウェアをフラッシュするだけです。ただ機種によってインストールの流れが微妙に違うのでよくXDAフォーラムを検索して調べるとかして、機種のクセを調べておきます。 必要なファイルをダウンロードします。 ADB Installer TWRP Lineage OS 13.0 & EMUI 4.1 Optional: OpenGapps (ARM64-6.0-pico) 1. ブートローダをアンロックする。 ブートローダにロックがかかっているので外す作業にとりかかります。パスワードの取得はファーウェイのサイトで機種情報を入れてパスワードを聞くだけです。 現状のP8でデベロッパーモードにしてUSBとADBを使えるようにします。 PCとP8をUSBケーブルで繋ぎ、ADBのディレクトリ(Shift+右クリックでCMD窓)から次のように入力してブートローダーを起動します。 adb shell adb reboot bootloader … Continue reading

Posted in Android | Comments Off on Huawei P8 Lite ALE-L02にLineage OS 13.0をインストールする