CSR4.0 BTドングルとLinux Kernel 5.7

ArmbianのKernelをアップデートしてBTドングルが使えないとわかった時は安物のBT USBドングルを買ったとことを後悔しました。確かに今まで使えないことはなかったのですが、どうやら純正のCSR製品でないらしくカーネルのアップグレードで使えなくなりました。恐らくかなりこの偽物が出回っているのでいずれは解決するだろうと考えていたので、検索したらパッチがありました。

このパッチを当ててカーネルをビルドしたら使えるようになりました。中国製は安くて便利なのですが偽物が思わぬ不具合を出すときがあります。この偽物CSRドングルはベンダーIDとプロダクトIDが全く同じで気がつきません。同じことがUSBシリアルのch341にも言えます。確かに便利なのですが・・・